「カジュアルに働く」専業主婦だった私が複数の会社に属しパラレルワーカーになるまで。-代さん


3児のママである代さん。
専業主婦から不安だらけの中社会復帰を果たし、現在では複数社の仕事を請け負うパラレルワーカーに!
どんな変遷があったのか?元専業主婦が語る。

専業主婦から働くママに転身。その理由は?

-専業主婦の前はどんな仕事をされていたんですか?

大学卒業後は法律事務所に就職し、パートナーやアソシエイト弁護士の秘書として働いていました。
その後、入社2年目で結婚と出産を機に退職して、約8年ほど専業主婦として子育て・家事に専念していました。

-また働こうと思ったのはなぜだったんですか?

子供が大きくなり、手が離れてきつつあるのでもう一度働いてみたいなぁと。
社会人になって約1年ほどしか働いていた期間がなかったので、
余計に働きたいという想いが強かったのかもしれません。(笑)
ワーキングコンプレックスといいますか…。

それを抱えながらこの先ずっと生きるよりも、チャレンジしてみよう!と思い立ち、
年齢的に考えて「チャレンジするのであれば今しかない」と思い就職活動を始めました。

苦労した就職活動。新たに出てきた選択肢とは?

-就職活動時に苦労したことを教えてください。

社会人経験が短く、秘書業務しかしたことがなく
専門的な知識やスキル・資格を持っていないなどプラスになりそうな要素は一切持っていません。
自分に何ができるのか?向いているのか?がわからない状況で苦労しました。

また子ども達が保育園ではなく幼稚園に通っているため、
末っ子の卒業までの向こう3年間は時間的制約がありフルタイムで働くことが難しく…

そんな中、どのように就職活動をされたんですか?

最初はいくつかの派遣サイトなどにも登録していろいろと求人を探してみました。

将来的にはしっかり働きたいと思っていたので、
0からのスタートでもできるだけ選択肢を広げられるような能力やスキルを身に付けることを念頭に置いていました。

そのため、多くの求人にあった「単純作業」や「経験不問」などの単語があるものは避けて探しました。
ただ、時間的な制約条件をクリアできる仕事がなかなか無くて…。

そんな中、学生時代の友人に相談に乗ってもらい「ベンチャー企業は時間的にも柔軟だし、裁量も大きくもらえるかもよ」
とアドバイスを頂き、初めてベンチャーという選択肢が出てきました。

しかし、ベンチャー企業の求人を掲載している派遣サイトが多くなく、情報収集をする媒体を変えて再度探し始めました。

ベンチャーという選択肢ですね。

はい、4つの理由で興味が湧きました。

・新たに様々な経験を積めること
・与えられたことだけをただやるのではなく裁量を持って能動的に働けること
・何もないところから一緒に成長していけること
・時間の融通が利きやすいらしいこと


結果的に条件に合うところが見つかり、ホッとしたことを覚えています。(笑)

働き始めていかがですか?

本当に良かったと思います。

人間関係が良い環境に恵まれている上、新しいことをどんどん吸収し、日々成長実感を持てています。
また自宅でリモートワークで作業が出来たりと、時間的な制約も全くと言っていいほどありません。
自分で考えながら意見も発信できて、やりたいことをどんどん任せてもらえるような環境です。

働いてみて何が大きく変わりましたか?

専業主婦の時は、なんと言いますか…社会から隔離されている感覚がありました。
得られる情報も身近なものばかりになりますし、関わる人も友人とだけなど限定的になってしまう。

そんな状態から仕事を通していろいろな方との出会いや自分ができることのキャパをどんどん広げていけたので、
一気に開けた感じがしています。

知らないことを知ること、学ぶことの楽しさを持てていること、
それを実行に移せるようになったことが一番の変化でしょうか。

スキル無し・コネ無し、の無い無い尽くしの状態だったので、自分の出来ることを増やそうとオンラインサロンに入ってみたり、交流会をやってみたり…。

行動することで得られた自分の可能性

-すごいですね…アクティブですね!
今は複数の会社に属して、いわゆるパラレルワーカーとして働かれているとか。

そうですね。
そうした繋がりが持ててきたことによって新たなお仕事を任せて頂けたり、
自分がやってみたいことが明確になってきたので、
家庭とのバランスをとりながらいろいろなことに挑戦させてもらっています。

今はベンチャー企業で営業アシスタント業務、総務業務などをしつつ、
個人では企画・取材・執筆を含むライティングの仕事をしています。

社会復帰する時にはまさか、個人で仕事を頂けるようになるとは思っていませんでした。

-カジュアルワークについてどう思いますか?

『カジュアルワークについて」』
https://casualwork.platworks.jp/wp-content/uploads/2019/04/3200a1fdc8af836dd747b2b597b6b188.pdf

すごくいいと思います。
私自身ももそうでしたが、専業主婦は社会復帰する時にいろいろと不安になることが多いんです。

私は特に「自分に何ができるのか?」という部分が考えても思い浮かばず、
提供できる技能がないことに不安を感じていました。

カジュアルに働いてみて「自分を知る」機会があることは個々人の可能性を広げてくれると思います。
単純なマッチングではなくて、
いろいろな仕事に触れながら自分のペースで働けるというのはとても魅力に感じますね。

イベントなどの開催があればママ友を誘いたいです!

-本日はありがとうございました!

ありがとうございました。

撮影:三浦えり